夢見る一人の日記 http://burnthewitch.net My WordPress Blog Tue, 04 Oct 2016 23:57:38 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 GoogleMapsAPIのプレミアム版 http://burnthewitch.net/?p=27 http://burnthewitch.net/?p=27#respond Fri, 30 Sep 2016 23:56:25 +0000 http://burnthewitch.net/?p=27 GoogleMapsAPIは無料で誰でも見られるサイトなら無料で使える標準版が使えます。
GoogleMapsAPIの標準版では1日の利用回数に上限があり、上限を超えると地図が表示されないか、従量課金となります。

一般的な使い方ではほぼ上限に至ることは無いのですが、有名サイトや企業サイトでは回数の制限にあたってしまうケースが多くなっています。

また、有料サイトや会員制のサイトなどもともと標準プランが利用できないサイトにおいてもプレミアムプランは重要です。GoogleMapsAPIのプレミアムプランはAPIの呼び出し回数を年間契約で購入していくプランです。

そのため、企業が購入することが多いのですが、GoogleMapsAPIを使ったアプリを提供する場合など、個人や団体でも利用が進んでいます。

プレミアム版の利点は利用回数の撤廃、増加だけではありません。

アセットトラッキングなどの特別なAPIも用意されており、さらに高度な地図利用が可能です。地図利用については地図の解像度も重要です。

標準版では640×640までに制限されますが、プレミアム版では2048×2048まで拡大されるので特にアプリケーションの利用において有利となります。

地図の解像度が上がればその上に表示できる情報も増えます。

また、地図への情報表示では広告の有無も重要です。

標準プランでは広告が外せません。

GoogleMapsAPIのプレミアムプランでは広告が制御できますので企業や公共団体で特に注目されている機能です。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=27 0
Google Maps API for Workのポイント http://burnthewitch.net/?p=23 http://burnthewitch.net/?p=23#respond Fri, 26 Aug 2016 03:47:24 +0000 http://burnthewitch.net/?p=23 GoogleMapsAPIforWorkは企業でも個人でも使い勝手の良い地図利用のためのプラットフォームです。

個人での利用の場合は無料で使える範囲での利用が多く、
企業の場合は社内システムなど、クローズドに使うシステムへ組み込むことが多いです。

GoogleMapsAPIforWorkはさまざまなシステムに組み込みやすいのが最大のポイントとなっています。

無料でGoogleMapsAPIforWorkを利用するには、
ブログなどで地図を組み込むやり方があります。

指定したポイントで地図に埋め込むタグを取得してブログに貼り付けるだけです。
アカウントの取得も必要なく、無制限に利用できることから地図を利用するならGoogleMapsと言われる程になっています。

企業でのGoogleMapsAPIforWorkは社内システムへの組み込みが主になります。

トラックや営業マンの行動指針を示したり、旅費を精算する際に距離を算出したりと、それまで手作業で行われていた位置情報に関する事柄が自動化できます。

さらに利用にあたってはAPIで呼び出すだけなので取り入れやすくなっていますし、
課金についても他の地図サービスに比べて格段に安いのもポイントです。

地図の精度にについてはゼンリンが日々更新している最新の地図であり、航空写真と合わせて使い勝手の良い地図データです。

また、ストリートビューの画像も使えるので、多角的に判断しやすい地図データを組み込めるようになりました。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=23 0
Google Maps API for Work活用事例 http://burnthewitch.net/?p=19 http://burnthewitch.net/?p=19#respond Tue, 26 Jul 2016 09:19:01 +0000 http://burnthewitch.net/?p=19 Google Maps API for Workは、スムーズなスクロールやズームが可能で、地図、航空写真といった方法でブラウズすることを可能にするGoogleMapを、会社のシステムや社外向けのホームページに組み込んで、独自のアイコンを追加したり、自社で作成したアプリケーションと連動したりすることができるようにするための、Googleが提供するインターフェースになります。

一般的なWeb向けのJavaだけでなく、Android、iOSなど様々な端末に対応できるよう、複数のインターフェースが用意されています。

たとえば、海外の国際配送会社は、Google Maps API for Workと、配送している車に搭載されたGPSデータの連携を図り、
リアルタイムでどの車がどの位置にいるかをマッピングさせることに成功しています。

この結果、オフィスのナビゲーターが、道路の混雑状況の情報を元に、
各配送担当者に的確なルートや配送順序の指示を与えることが出来るようになり、2ヶ月で31のサービスセンター全てが利用するまでになっています。

さらに、一日の運行を後からレビュー出来るようになり、無駄がなかったかの検証を行い、
以降の質の向上を図るといった取り組みも出来るようになりました。

同社は、これらの成果を元に、GoogleMapsAPI for Workと追加プログラムによって、配送車が配送先の近くまで行ったら、配達予定の方の携帯電話やPCにメールを送るサービスの検討も行っています。

これにより、顧客は受け取りそこなう機会損失が減り、同社は配送効率が上がるWin-Winの関係が構築できると期待しています。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=19 0
地図のカスタマイズが捗るGoogleMapsAPI http://burnthewitch.net/?p=15 http://burnthewitch.net/?p=15#respond Tue, 28 Jun 2016 09:25:38 +0000 http://burnthewitch.net/?p=15 GoogleMapsAPIは、Google社が提供するGoogleマップを操作する事が出来る、プログラマー向けのアプリ

ケーションインターフェースです。

GoogleMapsAPIの基本的な機能は、特定位置の地図画像を取得する方法です。

これだけでは、単なる高画質な地図に過ぎませんが、GoogleMapsAPIは拡張性が高く、機能が充実しているので、応用出来る範囲が広いといえます。
直線的な線を引く機能は、地図上のポイントを指定する事で、ルートを示したい場合に役立ちます。

また、GoogleMapsAPIでは直線だけではなく、
Googleマップでもお馴染みの、マーカーを利用する事も可能です。

更なる拡張的な機能としては、通れる道に沿って描写出来る、移動ルート表示もあります。
機能を一つずつ見ると、単純で優れた物には思えないかもしれませんが、シンプルだからこそ応用力が高く、
アイディアがサービスに反映出来る様になります。

Google社は、Googleマップを重要なサービスと位置づけているので、GoogleMapsAPIの更新頻度は高いですし、豊富な機能を惜しげもなく提供している点が魅力です。

シンプルながらも高機能なので、他のAPIサービスとの相性も良く、組み合わせ次第で無限に可能性が広がる事は、基本性能が充実している、Googleマップだからこそ実現しています。

通信インフラが整うGoogle社のサービスは、APIのレスポンスが良く、本番だけではなくテスト環境でも、快適に機能を試す事が出来ます。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=15 0
商圏分析とは一体なに http://burnthewitch.net/?p=11 http://burnthewitch.net/?p=11#respond Tue, 31 May 2016 10:12:35 +0000 http://burnthewitch.net/?p=11 商圏分析とは一体何なのかというと、まず商圏とは何ですか、ということになります。これは、商売の勢力圏、とでも

言うような意味となり、自分の店は、一体どのような範囲の人を顧客にしているのか、顧客にできているのか、というのを調べることが商圏分析ということになります。

ここで言う範囲とは、最も一般的には居住範囲のことです。

どこに住んでいる人が自分の店に来てくれているのか、どれくらい遠くまで来てくれているのかは、最も重要で基本的な要素となります。

例えば、近々新商品を発売しようとしているとして、チラシを配付しようと考えているとします。

さて、顧客の居住範囲が分かりませんと、どの範囲までチラシを配付してよいか分かりませんね。
決め打ちで行うしかなく、効率が良いとは言えなくなってしまいます。
このように居住範囲は重要であり、まず第一に来ることは間違いないなのですが、
実は決してそれだけではありません。

勢力圏、範囲というのは、決して住んでいる場所だけに限った話ではないのです。
例えば、顧客の性別や年代などを知ることも商圏分析の一種です。上に挙げた例で行けば、自分の店に女性客が多いとなれば、チラシの配付でも女性だけに配ることも可能です。

若い人が多い、高齢の人が多いとなれば、それらの人だけに絞ったアプローチを考えることも可能になります。
逆に、顧客だと思っていた層、顧客になり得ると思っている層の人が、分析の結果意外と少ないとなれば、そこに集中的にアプローチすることで顧客層を広げることもできるかもしれません。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=11 0
Googleマップをスマホから利用する http://burnthewitch.net/?p=7 http://burnthewitch.net/?p=7#respond Fri, 06 May 2016 07:01:54 +0000 http://burnthewitch.net/?p=7 Googleマップは専用のアプリとウェブブラウザから利用できます。特に専用アプリは使い勝手がとてもよく、また

無料で使えるので利用者がとても多くなっています。
専用アプリの良さは使い勝手のほかにさまざまな機能も理由の一つです。
使い勝手については通常の地図の閲覧のほかに、キーワード検索、距離検索、そしてナビゲーションがあります。

Googleマップでは探索経路を設定すればGPSを用いてナビをしてくれます。
有料アプリでもカーナビのようなアプリは好評ですが、それらに勝るとも劣らないアプリが無料配信されていることになります。

Googleマップの利用はさまざまなアプリからも可能です。
GoogleマップはAPIが公開されており、自分のアプリでGoogleマップの各種データを利用可能です。

それらは一定以内は無料であり、多くのアプリは無料で使えると考えられています。
データ量については超えるアプリもありますが、超えた場合でも課金はとても安く設定されており、
使い勝手のよいサービスとなっています。

使いやすいデータは日々更新されているのもうれしいところです。
データの更新については地図データの提供元であるゼンリンが日々更新をしていますし、
ストリートビューと呼ばれる、写真で道路を見ることができるサービスはGoogle自身が多数の車を使って日々更新しています。

データが最新であるからこそ使えるマップデータであり人気の理由とも言えます。またGoogle顧客管理もオススメです。

]]>
http://burnthewitch.net/?feed=rss2&p=7 0