Leave a comment

商圏分析とは一体なに

商圏分析とは一体何なのかというと、まず商圏とは何ですか、ということになります。これは、商売の勢力圏、とでも

言うような意味となり、自分の店は、一体どのような範囲の人を顧客にしているのか、顧客にできているのか、というのを調べることが商圏分析ということになります。

ここで言う範囲とは、最も一般的には居住範囲のことです。

どこに住んでいる人が自分の店に来てくれているのか、どれくらい遠くまで来てくれているのかは、最も重要で基本的な要素となります。

例えば、近々新商品を発売しようとしているとして、チラシを配付しようと考えているとします。

さて、顧客の居住範囲が分かりませんと、どの範囲までチラシを配付してよいか分かりませんね。
決め打ちで行うしかなく、効率が良いとは言えなくなってしまいます。
このように居住範囲は重要であり、まず第一に来ることは間違いないなのですが、
実は決してそれだけではありません。

勢力圏、範囲というのは、決して住んでいる場所だけに限った話ではないのです。
例えば、顧客の性別や年代などを知ることも商圏分析の一種です。上に挙げた例で行けば、自分の店に女性客が多いとなれば、チラシの配付でも女性だけに配ることも可能です。

若い人が多い、高齢の人が多いとなれば、それらの人だけに絞ったアプローチを考えることも可能になります。
逆に、顧客だと思っていた層、顧客になり得ると思っている層の人が、分析の結果意外と少ないとなれば、そこに集中的にアプローチすることで顧客層を広げることもできるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *